NEWSお知らせ

YKKAP、ほとんどの窓に後付けできる窓シャッター発売 台風対策にも

YKK AP(東京都千代田区)は、ほとんどの窓に後付けできるリフォーム専用窓シャッター「かんたんマドリモ シャッター」を9月25日に発売した。台風・突風時のガラス破損を防ぐアイテムとしても注目だという。

既存の窓をはずしたり、壁をカットすることなく、壁の上から2時間程度で取り付けられるもの。
従来品は「標準納まり」と窓下に土間・デッキが接している「土間納まり」の2種類だったため、窓シャッターを後付けできないケースも多かった。そこで「取り付かないところをなくそう」を合言葉に新商品の開発をスタート。ほぼすべての窓に取り付くよう、納まりを3種類増やした。

従来は、窓横に65mm以上のスペースがないと設置できなかったが、今回「片入隅納まり」を追加したことで、窓が入隅に接していても取り付け可能に。
また、従来は軒天下に250mm以上の余裕が必要だったが、「ボックス下げ納まり」「ボックス下げ片入隅納まり」を増やしたことで、窓の横だけでなく上にスペースがなくても(軒天下に85mmあれば)設置できるようにした。その名の通り、ボックスを下げて納めるため、室内側からボックス下端が最大140mm見えるかたちだ。

12月には新たに、横引き雨戸付きの窓に後付けできる納まりを発売予定。これにより、《軒天下スペースなし+横引き雨戸付き》のような特殊なケースにも対応できるようになる。

さらに同社は、近年増加する風災対策としても提案したい考え。
窓シャッター(サイズ6尺の場合)の風圧力は800Pa(ドアシャッター協会による住宅用窓シャッター技術基準)で、これを風速に換算すると57.1m/s。今年9月4日に近畿地方に甚大な被害をもたらした台風21号の最大風速は55m/sとされており、窓シャッターはそうした超大型台風時の飛来物による窓ガラスの破損を防ぐのに役立つという。そこで、窓シャッターの装着率が低いエリア(これまで台風上陸が多いとは言えなかった地域)にも設置を呼びかけていく。


シャッターを閉めたまま採光・通風可能なリモコンスリットシャッターをはじめ、3タイプを用意。カラーバリエーションは5色。別売の中継器(2万円)を導入することで、スマートフォンやAIスピーカーによる連携操作にも対応する。

「フラット35」金利、2カ月連続で上昇

住宅金融支援機構(東京都文京区)が10月1日発表した、各金融機関の長期固定金利住宅ローン「フラット35」の10月分の金利は、主力の融資率9割以下・借入期間21年以上の場合で、年1.41%~年2.07%だった。最低金利の1.41%は2カ月連続の上昇となった。

スノーピーク、“都市部で野遊び”かなえるカタログ発刊

アウトドア総合メーカーのスノーピーク(新潟県三条市)は8月23日、都市生活者のライフスタイルに“野遊び”を取り入れる新しい暮らし方『URBAN OUTDOOR(アーバンアウトドア)』を具体的な生活シーンに落とし込み、その暮らしを形作る製品を添えて解説する“暮らし実現カタログ”を発刊した。

ターゲットは「アウトドアに興味がある」、「住まいづくりを検討している」エンドユーザー。同社のショップインショップとして理念を共にする工務店などに配布し、エンドユーザーに暮らし方を提案する際、イメージ共有の一助となるような使用を想定している。

冒頭で“都市部で野遊び”という暮らしの選択肢を解説。それを踏まえ、戸建て間取り図から6つの生活シーンをピックアップし、暮らしを伝える写真とセットで「基本スタイル」と「目的別アイテム」を組み合わせた製品パッケージを掲載。理想の暮らしのイメージと、それを実現するための製品一覧が対となっているため、工務店とエンドユーザーどちらにとっても使用感の良いカタログだ。

環境省、ZEH化拡充など低炭素化に13億円増額要求

環境省関係の概算要求・要望額は、一般政策経費などの一般会計2042億円(対前年比37%増)、エネルギー対策特別会計の2296億円(同46%増)、東日本大地震復興特別会計6092億円(同7%減)の合計1兆430億円(同9%増)。

重点施策は、AI・IoTなどデジタル技術の進歩など「社会の大きな転換期」と捉え、環境政策をてこにイノベーションを創出し「脱炭素化ビジネスの市場環境の創出」や「海洋プラ対策などに対処して新たな商機を創出する」など、新たな成長のための政策展開を行う。住宅関連では、ZEH化による低炭素化事業の全体で、98億円と対前年比13億円増を要求。環境省では高性能建材としてCLTなど低炭素化に優れた素材を想定しており、合わせて「先進的な再エネ熱利用技術、先進的な家庭用浄化槽などの普及の端緒を開く」ねらいだ。

H30年9月8日(土)・9日(日)AM10:00~PM5:00、「秋田市手形字西谷地71-4」で新築住宅完成内覧会を開催いたします!

H30年9月8日(土)・9日(日)AM10:00~PM5:00、秋田市手形字西谷地71-4で新築住宅完成内覧会を開催いたします。

敷地面積が30坪弱と限られた大きさながら、二世帯家族が朗らかに暮らせる空間を創りました。

外断熱+内断熱のダブル断熱仕様・トリプルガラス樹脂サッシ採用で、寒冷地仕様のエアコン1台で暖房がまかなえます。

外観はガルバリュウム鋼板で、キリッと引き締まったカッコイイ家に仕上がっていますので、前回内覧会の「カワイイ家」との対比も感じていただければ幸いです。

どうぞこの機会に「畑山の家」をご覧ください!。

外観写真

 

H30.8月18日(土)・19日(日)、「秋田市広面字高田12-8」で新築住宅完成内覧会を開催いたします!

H30.8月18日(土)・19日(日)AM10:00~PM5:00、広面字高田12-8の新築住宅会場で完成内覧会を開催いたします。

建設地が「第一種低層住居専用地域」という住宅建築で建築基準法上一番制約を受ける土地に、開放的で採光溢れる住空間を実現いたしました。

外断熱+内断熱のダブル断熱仕様・トリプルガラス樹脂サッシ採用とハード面では堅い施工をしておりますが、外観は大理石粉を主成分としたキラリと光って汚れに強い塗り壁外壁に屋根をアスファルトシングル素材、内観は「かわいい」をコンセプトに施主様と家づくりを楽しみました。

どうぞこの機会に「畑山の家」をご覧ください!。

★内部写真

★内覧会会場案内図

パートナーとの円満な関係に「住まいの快適さが影響」96% Houzz Japan調べ

家づくりとインテリアデザインのプラットフォームを提供するHouzz Japan(東京都渋谷区)は7月19日、Houzzに登録している国内ユーザーを対象に実施した「家づくりとパートナーとの関係性調査」の結果を発表した。96%がパートナーとの円満な関係に「住まいの快適さが影響している」と回答した。

現在のパートナーとの関係を「円満」と答えたのは76%。円満な関係を構築するための秘訣として、70%が「コミュニケーション」をあげ、以下「パーソナルスペース」(12%)、「スキンシップ」(9%)、「パートナーと家事の役割分担」(9%)が続いた。

パートナーと模様替えやリフォームなどの家づくりを経験したことがある人は90%だった。72%がパートナーとの家づくりを「楽しい」と答えたものの、「家づくりの過程でイライラしたことがある」人も63%いた。原因としてもっとも多かったのは「パートナーとの趣味が違った」(23%)で、2位は「パートナーに自分の理想を説明・理解してもらえなかった」(21%)だった。

「家づくりの過程でパートナーとの別れ・別居・離婚を考えた」と回答したのは9%で、実際に家づくりが原因で関係が壊れたケースもあった。

家づくりの経験者が、今後家づくりをする際に実施したいこととしてあげたのは、「リサーチをしっかり行う」(51%)、「自分のアイデアをパートナーともっと共有する」(42%)、「もっと経験者にアドバイスをもらう」(30%)などで、トラブル回避のためには、徹底したリサーチとアイデアの共有が重要だとわかる結果となった。

家づくりでパートナーとの仲が深まったと回答したのは81%で、「家づくりが完了してから、家に帰るのが楽しみになった」と答えたのは93%にのぼった。パートナーの隠れた才能やセンスに気がついたなど、家づくりを通してパートナーの良さを再発見した回答者もいた。

有効回答数は1451人。22日の「夫婦の日」に合わせて調査したもの。

旭トステム、「次世代ガルバリウム鋼板」を採用した外装材が登場

 旭トステム外装(東京都江東区)は8月1日、金属外装材「Danサイディング ニュースタンダードシリーズ」に、従来のガルバリウム鋼板の3倍の耐食性が期待できるという素材・SGLを使った「スパンサイディングS」を追加する。

新商品は、遮熱性フッ素SGL鋼板単色塗装品。
SGLは、”次世代ガルバリウム鋼板”といわれる日鉄住金鋼板のめっき鋼板で、これを業界で初採用したことにより、耐食性を向上し「赤さび・穴あき15年保証」を実現した。
また、芯材にはポリイソシアヌレートを使って防耐火性能を高めたことで、準耐火建築物にも対応。フッ素塗料により塗膜が長持ちする(塗膜10年保証)。
4色。10尺品と12.5尺品の2サイズ。5424円/m

このほか、「Danサイディング スチール深絞りシリーズ」では、セドナRF、キャトルRF、プレシャスウッドRFなど8アイテムを拡充。遮熱性フッ素鋼板を採用し、カラーバリエーションをリニューアルした。

四国化成、ブロック塀代替商品としてアルミシステム塀の提案強化

 四国化成工業(香川県丸亀市)は7月2日、アルミシステム塀「アートウォール」による防災・減災の提案活動を強化すると発表した。

大阪北部の地震で塀の倒壊事故が起きたことをきっかけに、全国で危険な塀の点検強化が始まったことに対応したもの。軽量なアルミでつくられた同製品は、重量が一般的なコンクリートブロック塀の約20分の1と軽いのが特徴。万一の倒壊時にも人身事故を最小限にとどめられる設計となっている。構造的に控え壁を必要とせず、2.4mの高さまで対応可能。

「アートウォール」アルミ支柱にパネルを組み合わせた基本構造

同製品は、一般社団法人文教施設協会(東京都港区)の「学校施設優良部品推奨品」に指定されているほか、国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)の登録を取得しており、有用性・安全性が認められている。

同社は今後、教育施設関係者や危険な塀の所有者への安全啓蒙活動を支援していくという。

地震本部、全国地震動予測地図2018年版を公表

地震調査研究推進本部地震調査委員会(地震本部、東京都千代田区)はこのほど、大規模・低頻度の地震を考慮するための検討等の成果をまとめた「全国地震動予測地図 地図編 2018年版」を公表した。2018年版では、千島海溝沿いの地震、四国地域の活断層(中央構造線断層帯、そのほかの四国地域の活断層)、九州地域の活断層の一部(日出生断層帯 万年山-崩平山断層帯)についての新たな長期評価結果を取り入れた。

「今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率」の地図では、北海道南東部や仙台平野の一部、首都圏、東海〜四国地域の太平洋側および糸魚川-静岡構造線断層帯の周辺地域などの確率が高くなった。2017年版に比べると、(1)北海道では、千島海溝沿いで発生するプレート間巨大地震および超巨大地震(17世紀型)を新たに評価したことによる確率の増加、(2)四国地域の活断層の評価結果による確率の違いは微少、(3)確率の評価基準日の変更に伴う年次更新で確率がわずかに増加、の3点の違いがある。

地震本部による「全国地震動予測地図」は、2011年東北地方太平洋沖地震(2011年3月11日・マグニチュード9.0)の発生を受けて指摘された確率論的地震動予測地図の諸課題への検討から、2014年12月に初めて公表されたもの。2015年以降は、毎年公表される新たな長期評価に基づいて更新し、公表している。

詳細はこちら

1 / 612345...最後 »
友だち追加