NEWSお知らせ

LIXIL、スマホをポケットに入れたまま施解錠できる玄関ドア拡充

LIXIL(東京都江東区)は10月26日、スマートフォンを服のポケットやバッグに入れた状態でドアの施錠・解錠が可能なスマートロックシステム「FamiLock(ファミロック)」の搭載商品を拡充すると発表。断熱性の高い主力の玄関ドア「グランデル2」「ジエスタ2」、リフォーム用の「リシェント玄関ドア3(高断熱・断熱仕様)」の3シリーズに標準装備して11月1日に発売する。

FamiLockは、約2年の開発期間を経て2019年に「玄関ドアDA」「防火戸DA」に搭載した電気錠システム。このとき、カード式、リモコン式と進化してきた電気錠のカギの1つにスマホを初採用した。LHTサッシ・ドア事業部ドアSBU SBU長・川口富士雄さんは「単にスマホが使えるカギではなく、両手が荷物でふさがっているときや、暗くてカバンの中が見えないとき、雨で手が濡れているときでもスマホをわざわざ取り出さずにストレスフリーで施解錠ができるよう、使いやすさを徹底的に追求した」とこだわりを話す。

Familockでは、どのスマホにも搭載されている通信方式であるBluetoothの電波を採用。
開発担当リーダーの熊本貴一さんによれば、スマホアプリを起動して画面上で操作して施解錠するのは容易だが、スマホを取り出さない”ポケットイン”を開発の軸に据えたため、通信のコントロールを1から構築することが最も難しかったという。カードやリモコンで開ける電気錠であれば社内技術のみで完結させることができるが、スマホをカギにするとなると市場にはたくさんの機種があり、電波の飛び方・距離がそれぞれ異なるうえ、住宅の間取りや素材、周辺環境が複雑に絡み合うため、ポケットインの状態でBluetoothの電波の強度を保持しつつコントロールする技術は当時、他業界を含めても存在しなかったためだ。しかも、スマホは肌身離さず持ち歩くことが多いため、意図せずに玄関ドアが解錠されてしまう事態を防ぐ必要もあった。

LIXIL LIXIL Housing Technology
サッシ・ドア事業部 ドアSBU
右:SBU長 川口富士雄さん
左:開発担当リーダー 熊本貴一さん

そこで、仮想空間上で間取りやサッシの位置、材質を変えると電波がどのように飛ぶかをシミュレーションし、実際の住宅を複数棟使ってシミュレーション値との違いを繰り返し検証。そのうえで、Bluetoothの電波範囲を認証エリアと通信エリアの2段階に分けて防犯性と利便性を両立できるようにし、玄関ドアが認証エリア内にあるスマホを自動で検知して3分間施解錠操作を行わなかった場合は認証範囲を段階的に縮小する独自の電波調整機能を実装した。加えて、システムセキュリティメーカーらと協業して居住後も最新の防犯性を維持できる体制を整えた。

この3年間で、アプリの継続的なアップデートや、対象スマホ端末のリストを100機種以上拡充。エンドユーザー・プロユーザー向けの電気錠の取り扱いに関する情報発信、サポート体制も強化した。そうした実績を重ねてきたFamiLockを11月から主力玄関ドアに標準搭載する。対象は「グランデル2」「ジエスタ2」「リシェント玄関ドア3(高断熱・断熱仕様)」で、新築向けの「エルムーブ2」も2023年4月から対応する。
また、新たに子どもでも手軽に使える「タグキー」をラインアップし、スマホ、リモコンキー、カードキー、タグキー、手動キーの5種類から好みのカギを選べるようにした。従来からある5年保証(5500円)に10年保証プラン(1万3200円)も追加する。

FamiLockはスマホを取り出さずポケットインの状態で玄関ドアのボタンを押せば施解錠ができる。他のアプリを起動した状態でも可能。また、スマホで施開錠を行うと専用アプリに操作履歴が残るため鍵の閉め忘れ等が防止できる

参考価格

出典:新建ハウジング

リクシル、廃プラ×廃木材の循環型新素材、第1弾は舗装材

LIXIL(東京都品川区)は10月18日に都内で記者会見し、廃プラスチックと廃木材を融合した新しい循環型素材「レビア」を開発したと発表した。第1弾として、歩道や建築外構など多用途に使える舗装材を2023年1月より全国で販売。複合、海洋プラスチックをはじめ、再資源化が困難とされてきた廃プラスチックの資源循環を推進する。

「レビア」は、家庭や事業活動から排出される廃プラスチックと、建築物の解体などで不要となった廃木材を原料とする新しい素材だ。これらの廃棄物を資源として活用。廃棄物処理にかかるCO₂排出量の削減に貢献するという。レビア1トンの製造工程で排出されるCO₂排出量と、同量のレビアに使われる廃プラスチックや廃木材が焼却処理された場合のCO₂排出量を比較すると、82%のCO₂排出量の削減につながるという。

各市区町村などで選別して回収されるプラスチック製容器包装の有効利用は進んでいるが、異なる複数種の樹脂を利用した包装用フィルムなど、従来の手法では素材の分別や原料としての再資源化が難しいプラスチックも多数存在する。

廃プラスチックと廃木材を融合した新素材で作られた舗装材(提供:リクシル)

同社では、多種多様なプラスチックを選別することなく、異なる素材を一括して細かく粉砕、押出成形する技術を確立。ほぼすべての廃プラスチックを、原料として有効利用することを実現した。廃プラと廃木材の割合は非公表。第1弾製品となる舗装材「レビアペイブ」は、歩道や、国立公園などの自然遊歩道、オフィスビルや商業施設内の広場などでの活用を想定する。

瀬戸欣哉社長は会見で、2030年までに新規事業のレビアで売上高1000億円を目指すとし、「長期的な成長事業として考えているが、それだけではなく、われわれが全ての人によりよい暮らしを提供するというリクシルのパーパスにあった製品だと自信をもっている」と述べた。

出典:新建ハウジング

トクラス、棚や鏡がないミニマルなバスルーム発売

トクラス(浜松市)は、ミニマル志向の顧客層に向けて、ベーシックな機能にこだわりながらシンプルを意識したバスルーム「トクラスバスルームevery ミニマルタイプ」を10月18日に発売する。

バスタブ・洗い場のデザインや質感、居心地、清掃性を追求しつつ必要な機能に絞り、カウンターや棚、鏡といったアイテムをあえて省略。バスタブはなめらかで経年変化がしにくい人造大理石の「スターク」を標準採用し、ゆっくりとお湯につかれる曲線形状とした。また、水・汚れが残りにくい床構造、髪・ゴミを処理しやすい排水口を採用し、手入れを簡単にしている。

1616サイズ112万8100円~(税別)。

出典:新建ハウジング

サンワカンパニー、トレンド感のあるスケルトン階段発売

サンワカンパニー(大阪市)は、需要の高い仕様・高さに絞った寸法固定型のスケルトン階段「スケルト」を発売した。

リビングに調和するスチール素材と繊細なデザインが特徴。全サイズの図面を用意しており、設計の効率化やコストダウンが図れるとする。パーツを現場で組み立てるノックダウン方式で、1日で施工できる。

アンダータイプ

セミクローズタイプ

ささら桁は段板が横から少し見える「セミクローズ」と段板を支える「アンダー」の2タイプ。トレンドを意識した細身のパーツとグレイッシュなカラー展開も特徴という。段板幅750mm、階段掛け幅2799または2800mm、階高2860~3160mm・20mmピッチ(16種)。本体4色、段板3色。税込76万4000円/セット〜。

出典:新建ハウジング

YKK AP、住宅用商品・エクステリア商品など一部値上げ

YKK AP(東京都千代田区)は10月3日、一部の住宅用商品・エクステリア商品・ビル用商品について、11月から順次価格改定を実施すると発表した。値上げ幅は約5%~20%。

アルミや樹脂、ガラス原板などの原材料価格および燃料費・物流費の高騰、円安の進行など厳しい事業環境が続くなか、同社では生産合理化、設備改良、経費削減などを続けてきたが、自社努力のみでの対応が難しい状況となったためとしている。

実施時期は、住宅用商品が2023年1月5日発注分から、エクステリア商品・金属外装材が2023年3月1日発注分から、ビル用商品が11月1日発注分から。

出典:新建ハウジング

「フラット35」、10月の最低金利 2カ月連続下降

住宅金融支援機構(東京都文京区)は10月3日、住宅ローン「フラット35」取扱金融機関が適用する10月の融資金利を発表した。

返済期間21年以上35年以下の最低金利は、融資率9割以下が1.48%、9割超が1.74%と、いずれも0.04ポイント下がり、2カ月連続で下降した。最高金利は、9割以下が2.97%、9割超が3.23%で、前月から0.16ポイント上昇した。

返済期間20年以下の「フラット20」の最低金利は、融資率9割以下が1.32%、9割超が1.58%で、いずれも0.07ポイント下がり、2カ月連続の下降となった。最高金利は、9割以下が2.81%、9割超が3.07%で0.13ポイント上昇した。

出典:新建ハウジング

アキレス、最大厚み100mmの硬質ウレタンフォーム

アキレス(東京都新宿区)は、住宅性能表示制度の断熱等性能等級6、7に対応する断熱材として、最大厚み100mmを実現した高性能硬質ウレタンフォーム「キューワンボードMA」を10月1日に全国で発売する。

既発売の硬質ウレタンフォーム断熱材「キューワンボード」を張り合わせ、100mmの厚さを実現。これまで最も厚いキューワンボード製品は61mm厚で熱抵抗値2.8m2・K/Wだったが、新製品は100mm厚で4.6m2・K/Wと1.6倍以上に向上した。
また、両面にほどこしたアルミ箔面材が遮熱効果を発揮して夏場の室内温度の上昇を防止。このアルミ箔面材が水蒸気や紫外線から断熱材を保護し、外張りビスで通気胴縁を締め込む際にも表面を潰さず、高精度な施工が可能になるとする。

厚100/90/80×幅910×長1820mm。参考設計価格(税込)は、100mm厚が1万8500円/枚、90mm厚が1万7000円/枚、80mm厚が1万5500円/枚。

出典:新建ハウジング

タカショー、目隠し+日除けになる屋外用カーテン

タカショー(和歌山県海南市)は9月、アウトドアリビングの目隠しと日除けに使える屋外用カーテン「Vienta Curtain(ヴィエンタ カーテン)」を発売した。

撥水性・防汚性にすぐれ、日光による色あせや劣化に強いUPF50+の屋外用ファブリックを採用。カーテンレールにリングを通す簡易構造のため開閉が自由で、やわらかな光と風を感じることができる。
3色。税別価格はカーテン生地4万2000円/枚(高さ300〜1000mm、レール幅250〜1000mm)、取付キット2万2400円(1枚、片開きの場合)。

出典:新建ハウジング

太陽電池の安価な代替材料で新たな知見 太陽電池拡大に期待

沖縄科学技術大学院大学はこのほど、英国ケンブリッジ大学との共同研究チームが、太陽電池の安価な代替材料のひとつ「ペロブスカイト」の効率を制限してしまう小さな欠陥が、材料の構造変化にも関与しており、経年劣化を引き起こしていることを明らかにした。「ペロブスカイト」は、結晶シリコンに比べ材料が豊富に存在し、加工費もはるかに安価。材料をインク状にして、印刷するように簡単に薄膜を作ることが可能なため、経年劣化に関する新たな知見を得たことで、長寿命で実用化レベルのペロブスカイト太陽電池開発を大幅に加速させると期待される。

この研究成果は科学誌Natureに掲載された。ペロブスカイト太陽電池のエネルギー出力は、従来のシリコン太陽電池と同等か、それ以上。ただし、寿命が限られていることが製品化のネックとなっている。

共同研究チームは、高空間分解能技術を用いることで、ナノスケールにおけるペロブスカイト薄膜の特性や、太陽光照射による経時変化の観察に成功。表面に形成されるトラップが膜の光劣化に関連していることも明らかにした。ケンブリッジ大学化学工学・生命工学科のティアナン・ドハティ博士は「表面にトラップが形成される問題を解決できれば、デバイスの性能と長期間にわたる安定性が同時に向上できるという可能性が示唆された」としている。

また、ケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所のスチュアート・マクファーソン博士は、「シリコン型太陽電池は長期的には安価だが、加工を開始するために多額の初期投資が必要。ペロブスカイト太陽電池は、溶液処理が可能で印刷も容易である上に、使用する材料も非常に少ないため、初期コストがかからない。太陽エネルギーへの移行を目指す国々にとって、ペロブスカイト太陽電池は現実的な選択肢」としている。

出典:新建ハウジング

輸入木材は在庫急増

首都圏の輸入木材製品の玄関口である東京15号地は20万立方メートル弱と空前の輸入木材製品在庫であふれている。特に欧州産針葉樹製材・構造用集成材は中国ハブ港でのロックダウンの影響もあって遅れていた契約分が一気に入荷し在庫を急増させている。

一部KD製品が上屋内に全く空きがなく一時的に野積みされたことで、担当荷役会社に抗議したとの話も聞く。首都圏の中堅木材製品販社ではスポット輸入した国産合板代替の中国産針葉樹構造用合板、既存羽柄材代替の非構造用LVLが全く動かなくなり自社倉庫を占有してしまったことから、円安状況下にも関わらず損切り販売も視野に入れ始めたという。

プレカットにとり、工務店ルートの受注が慢性的に低迷している点も悩みの種だ。健闘している工務店もあり、工務店ルートの受注状況には二極化傾向が見られるが、受注に占めるパワービルダー系、戸建て分譲系依存が高まっている。

出典:新建ハウジング

友だち追加