NEWSお知らせ

書類提出や知識不足で「大変だった」9割 住環境ジャパン調べ

住環境ジャパン(東京都世田谷区)は2月21日、30~40代未就学児子育て世代の住宅購入経験者1107人を対象に実施した「住宅購入前後のギャップとエピソード」に関する調査結果を発表した。それによると、「住宅購入は大変だ」と感じた人は90.8%にのぼることがわかった。具体的には「複数回ある書類提出」が29.7%、「住宅ローンに関する知識不足」18.6%、「不動産に関する知識不足」17.8%、「スケジューリング」15.9%、「資金調達」8.4%などがあげられた。

住宅購入前の理想について聞いたところ、「予算内で収まる」(33.1%)、「イメージ通りの間取り」(20.8%)、「日当たりが良い」(19.4%)だったのに対し、現実には44.3%が「予算オーバーしてしまった」と回答。「間取りが失敗してしまった」(19.3%)、「日当たりが悪かった」(10.0%)、「設備が使いにくかった」(8.6%)と続き、「理想と現実」のギャップが大きいことがわかった。

住宅購入が成功したエピソードとして「他社の見積もりもとり、知識をつけて交渉したので値引きしてくれた」「設計の人と綿密に打ち合わせたので理想に近づけた」などの声が寄せられ、事前準備の重要性がわかる結果となった。

購入経験者として、購入の際にどういったサービスがあったら嬉しいかという質問には、「一貫したワンストップサービス(購入から設計、工事まで)」が42.8%と最も多く、「小物やインテリアを家に取り寄せ確認できる」(21.5%)、「VR内覧」(18.8%)、「訪問サービス」(13.9%)と続いた。

TOTO、新型肺炎による納期遅延情報をサイトに掲載

TOTO(福岡県北九州市)は2月18日、新型コロナウイルスの影響による商品納期の遅れに関する情報の同社サイトへの掲載を開始した。トップページの「INFORMATION」の「最新情報」から「【お知らせ】弊社商品納期に関するご案内」をクリックすると表示される。

2月19日時点の情報では、トイレの一部やシステムキッチンと洗面化粧台の全シリーズの新規注文について、納品に時間がかかる旨が記されている。サプライヤーによる部品供給の遅れが主な要因。

特に部品が多い水まわりを中心に納期の遅延の可能性があり、TOTO以外にもLIXIL(東京都江東区)やパナソニック ライフソリューションズ社(大阪府門真市)といった住宅設備各社は、工務店など顧客への情報提供を行っている。

JR東日本系、シェアハウス会社と資本提携

ジェイアール東日本都市開発(東京都渋谷区、以下、JRTK)は2月12日、シェアハウス事業を手がけるシェア・デザイン(東京都目黒区)との資本提携を発表した。JRTKがシェア・デザインの麻生次郎代表から同社株の51%を取得した。

シェア・デザインは「シェアレジデンス」のブランド名で、首都圏を中心にオーナーから物件を借上げ、シェアハウスにアレンジしている。今回の資本提携でJRTKが開発するシェアハウスはシェア・デザインが企画運営会社として参加し、新しく「シェアリエット」というブランドを展開する。その第1弾として、3月に千葉県市川市で「シェアリエット市川行徳」(44室)を開業する。

シェア・デザイン管理物件の共用部イメージ

パナソニック、ロボット掃除機「ルーロ」の掃除完遂性能を向上

パナソニック(大阪府門真市)は3月下旬、”掃除完遂性能”を大幅に向上した「ロボット掃除機RULO (ルーロ)MC-RSF1000」を発売する。

レーザーセンサーを使った空間認識技術「レーザーSLAM」を搭載することで、従来のカメラSLAMに比べ、より早く正確に空間を認識。360゜全方位の間取りや床にあるもの・動くものを認識して地図を構築し、自己位置を把握しながら掃除プランを立てて効率よく丁寧に走行する。
また、走行のズレやエラーを抑え、障害物を検知したら本体を持ち上げてスムーズに乗り越え部屋中をくまなく掃除。ゴミを取り残さない掃除完遂性能を向上した。

音声操作ができるGoogleアシスタントに対応。


「フラット35」金利、4カ月連続で上昇

住宅金融支援機構(東京都文京区)が2月3日発表した、各金融機関の長期固定金利住宅ローン「フラット35」の2月分の金利は、主力の融資率9割以下・借入期間21年以上の場合で、年1.28%~年1.94%だった。最低金利は4カ月連続の上昇となった。

国交省「長期優良住宅化リフォーム推進事業」説明会

国土交通省は1月7日、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」説明会の開催について発表した。2019年度補正予算案に盛り込まれた、既存住宅の長寿命化や省エネ化などの性能向上と合わせて行う子育てしやすい環境づくりも行う「長期優良住宅化リフォーム推進事業」について工務店やリフォーム事業者などに説明する。

 1月28日に福岡県福岡市の福岡県自治会館、同29日に東京都江東区のTOC有明コンベンションホール、同31日に大阪府大阪市のグランキューブ大阪で開催する。参加費は無料で事前の申し込みが必要。定員は福岡が270人、東京が560人、大阪が510人。

 補助の具体的な内容は補正予算成立後に正式決定となるが(1)インスぺクションを実施し、維持保全計画と履歴を作成(2)耐震性と劣化対策を確保(3)日常的に使用する居室等に省エネ性やバリアフリー性等のいずれかを満たす場合、の3条件を満たすと補助率3分の1、上限100万円の補助を行う予定となっている。長期優良住宅認定取得の場合は上限200万円で、若者・子育て世帯が実施する場合は50万円の上限増額や条件緩和などが行われる。

「フラット35」金利、3カ月連続で上昇

住宅金融支援機構(東京都文京区)が1月6日発表した、各金融機関の長期固定金利住宅ローン「フラット35」の1月分の金利は、主力の融資率9割以下・借入期間21年以上の場合で、年1.27%~年1.94%だった。最低金利は3カ月連続の上昇となった。

ドイツ生まれの「木の断熱材」と「木の窓」でつくる『木の家』

GERMAN HOUSE Corporation(埼玉県川口市)は、ドイツGUTEX社製の「木の断熱材」と「木の窓」でつくる『木の家』を提案する。

 再生循環する資源「木」からできた断熱材 「環境断熱ECOボード」は、モルタル直塗りシステム「ノンクラック工法」を使用し、準耐火60分、耐火60分の国土交通大臣認定のほか、CLTの耐火60分認定を取得済み。

 同製品と、野地板断熱板「ECO断ルーフ」、耐火断熱板「ECO断ウォール」、遮音断熱板「ECO断フロア」、充填用遮音断熱材「ソフテック」を組み合わせることで、断熱、遮熱、遮音、耐水、透湿などの高い性能を確保できる。

 防火認定取得済みの高性能木製窓「GERMAN WINDOW」は、熱貫流率0.75W/m・Kの「トリプルガラス」、防犯性の高い「鍵付き特殊レバー」、室内側からメンテナンスできる「内開き」、通風もしながら不法侵入を許さない「内倒し」といった特長を備える。

 資料請求はこちら

はせがわがカリモクらとコラボ、リビングになじむ仏壇をアマゾンで発売

仏壇・お墓販売のはせがわ(福岡県福岡市)は12月20日、国内家具専門メーカーと共同開発した仏壇コレクション「LIVE-ingコレクション」の販売をAmazonで開始した。

 リビングに穏やかになじみ、故人を近くに感じながら過ごせるモダンな仏壇を提案。
 同コレクションに参加した家具メーカー(Amazonで販売予定のサプライヤー)は、カリモク家具(愛知県知多郡)、飛驒産業(岐阜県高山市)、シラカワ(同)、日進木工(同)、大雪木工(北海道上川郡)の5社。

有効換気量率99%のダクトレス熱交換換気システムを発売

日本スティーベル(神奈川県川崎市)は、有効換気量率99%を達成したダクトレス熱交換換気システム「ツイン・エアー・フレッシュ」の最新モデル2機種を発売した。

 2台1組で70秒ごとに給気と排気を切り替えることにより、熱交換換気と新鮮空気の取り込みを同時に実現。ダクトが要らないため工法を選ばす容易に設置することができる。
 また、室外フードを従来品より約50%小型化。シルバー・白・黒・茶の4色から選べるようにした。

(左)「LT-50Smart」
(右)「LT-50EcoSlim」

 「LT-50 Smart」は、WiFi制御に対応しており、本体とコントローラ間の配線が不要。専用アプリをダウンロードすることでスマートフォンで操作や設定変更を行うことができる。湿度センサーも搭載。11万5000円/台。

 「LT-50 EcoSlim」は、室内フードをスリムにして意匠性を向上。2台につき1つの壁付コントローラで制御する。17万5000円/2台。

容積を50%小型化した室外フード

友だち追加