NEWSお知らせ

LIXILが蓄電池事業開始、ZEH住宅向けに蓄電池+太陽光を198万円で

LIXIL(東京都江東区)が蓄電池事業をスタートし、4月1日に「スマート蓄電システム」を発売する。
11.5kWhの全容量・全負荷タイプで、ほぼ1日分の電力を貯められるというもの。災害時に必要最小限の家電を長時間使ったり、停電時に家じゅうのコンセントが使うことができ、災害警報が届くと自動充電する「災害対策モード」も搭載している。機器はスマートソーラー社製。

スマート蓄電池システム

これにともない、同社傘下のLIXIL TEPCOスマートパートナーズ(東京都江東区、以下LTSP社)は、指定のLIXIL商材を使ったZEH仕様住宅を新築する人向けに、今回のスマート蓄電システム+太陽光発電システムをセットで販売する新サービス「建て得でんち」を4月1日に開始する。

契約者は、余剰売電収入を10年間、LTSP社に支払う代わりに、スマート蓄電システムと太陽光発電システムの製品・工事代を税別198万円(太陽光パネルを8kW以上設置する場合)で設置できるというもの。
同社試算によれば、断熱性・省エネ性が高い建材・設備を使うことによる消費電力の削減と、太陽光発電+蓄電による光熱費の削減効果により、約15年で初期導入費用を回収できるとする。

テスラ、家庭用蓄電池パワーウォールを宿泊施設へ初導入

Tesla Motors Japan(東京都港区)はこのほど、テスラ家庭用蓄電池「Powerwall(パワーウォール)」を太陽光発電システム、テスラ車両充電設備ウォールコネクターとともに、群馬県神流町が所有する「古民家の宿 川の音 離れ」へ設置したと発表した。Powerwallの国内宿泊施設への設置は今回が初。

同施設の宿泊客は、宿泊に加えて太陽光発電、蓄電池、テスラ電気自動車の充電等の利用を通じて、クリーンでサステナブルな生活を体験できるようになる。

Powerwallを「古民家の宿 川の音 離れ」に設置 

同施設への1泊2日の宿泊とテスラ車両(モデル3)の無償貸し出しをセットでプレゼントするキャンペーン「Destination Campaign(デスティネーション キャンペーン)」を実施中。募集期間は6月30日まで。

Powerwall等の設置は、同社認定提供会社であり、神流町の地域振興の推進とレジリエンス強化を目指すトラストバンクが行った。両社は今回の取り組みを通じて、同宿泊施設と神流町全体における地産地消の再生可能エネルギーの利用および地域のエネルギーレジリエンスの強化に貢献していく。

Powerwallは、4人世帯が消費する約1日分の電気を蓄電可能な13.5kWhの家庭用蓄電池。太陽光発電システムと連携することで、発電した電気の自家消費を拡大することができる。災害による停電時には、自動でPowerwallからの電気供給へ切り替わるため、設定変更等は不要。太陽光発電システムも普段通り発電を継続できるため、停電期間が長期にわたっても、晴天が続けば太陽光発電と蓄電池で過ごすことが可能。

「全面粘着ブルーシート」発売 台風や豪雨による二次被害抑制に

ニトムズ(東京都品川区)は、自然災害や暴風雨などで破損した窓や壁、屋根などの一次補修として、貼るだけで簡易補修ができる「全面粘着ブルーシート」を3月22日に発売する。

ブルーシートの裏面に粘着剤が塗布された商品。補修場所のサイズに合わせてカットできるため、テープなどがなくても単体で簡易補修が可能。二次被害を抑制できるという。

ブルーシートは、災害時に破損した窓や屋根の応急措置に使用されることがあるが、取付作業は容易でないことから同商品を開発。日本製で工事現場の資材保管などに使用される耐久性が高いブルーシートを採用しているため、一時的な補修として安心して使用できる。

地球温暖化の影響で、台風や豪雨による風水害・土砂災害発生リスクが高まる中、消防庁などでも事前の備えを呼び掛けている。ブルーシートは災害時にさまざまな用途に使用でき売り切れることが多いため、同社では機能性の高い同製品を準備しておくことを提案している。

サイズは、厚さ約0.3mm×幅1メートル×長さ1メートル。

全面粘着ブルーシート

友だち追加