NEWSお知らせ

住宅ローン減税、特例2年延長へ

自民、公明両党は19日に税制調査会の総会をそれぞれ開き、2021年度税制改正作業を始めた。住宅ローン減税の特例措置で適用期限を2年程度延長するほか、自動車減税の延長や固定資産税の負担増回避を通じ、新型コロナウイルス感染拡大の経済的な打撃に配慮する。官民のデジタル化や企業再編による生産性向上、温室効果ガスの実質排出ゼロ目標を後押しする税制も焦点だ。両党は12月10日にも与党税制改正大綱を策定する。

 13年間控除が受けられる住宅ローン減税の特例は、原則20年末までの入居の適用期限を2年程度延長。床面積は現行の50平方m以上よりも狭い物件を含める案が出ている。

LIXIL、住宅用建材・設備の小売価格を一部改定 来年4月受注分から

LIXIL(東京都江東区)は11月5日、一部の住宅用建材・設備機器のメーカー希望小売価格を来年4月1日受注分から改定すると発表した。原材料価格や物流費の高騰に伴うもの。

対象商品と改定率は、トイレ=5~15%程度、ユニットバスルーム=1~3%程度、浴室(単体浴槽など)=7~12%程度、タイル=6~13%程度、キッチン=2~13%程度、など。商品別の価格改定一覧は12月8日から同社ホームページに掲載する。

リビング階段のメリット&デメリット。

間取りの自由度が増すにつれて、階段のバリエーションも豊富になってきています。中でも“リビング階段”に憧れを抱く人は多いようですが、みなさんはきちんとメリット・デメリットを把握できていますか?

たとえばリビング階段のメリットには、以下のような内容が挙げられます。

■リビング階段のメリット

・部屋が明るくなる、開放的になる、広く感じる

・ビジュアルが圧倒的におしゃれ

・必然的にリビングを通るため、家族とコミュニケーションをとる機会が増える

・2階に行くのが億劫にならない

・階段にも冷暖房が効いている

「部屋が明るくなる」「おしゃれ」などのビジュアル面はさることながら、ネット上で意外に多かったのが「家族とコミュニケーションをとる機会が増える」というコメント。中には子どもの反抗期防止に備えて、あえてリビング階段を選んだという人も少なくありません。

おしゃれなうえに、プラスな影響をもたらすリビング階段。一見いいこと尽くめのようにも見えますが、どんなものにもメリット・デメリットがつきものです。ではそのデメリットとは一体……?

■リビング階段のデメリット

・部屋の冷房が効きにくい、ゆえに電気代がかさむ

・魚や肉を焼いた時に匂いが全部2階に行く

・来客がいると1階に降りるのを躊躇ってしまう

・子どもやペットが階段にのぼろうとして危ない

・音が筒抜け

特に多くの人が挙げていたのが、「エアコンが効きにくい」という意見。せっかくエアコンをつけても冷気や熱が分散されてしまうため、なかなかエアコンが効きません。しかも冬に至っては、階段から冷気が流れ込んできます。

そんな冷暖房の効き目を考慮して、最近は“扉付きリビング階段”を検討する家庭も多い模様。扉は「引き戸」や「折れ戸」などのタイプから選べるほか、既存の階段に扉だけ設置することもできます。

また「そこまでお金をかけられない!」という方には、市販のロールスクリーン・カーテンを取りつける方法もおすすめ。実際にネット上でも

「カーテンがあるとないとでは全然違う」
「リビング階段にカーテンをつけたら劇的に体感温度が変わった」

などのコメントが上がっていました。

おしゃれな家の代名詞ともいえるリビング階段。設置後にどのような影響をもたらすのか、しっかり把握したうえで検討していきたいですね。

友だち追加