NEWSお知らせ

国交省「長期優良住宅化リフォーム推進事業」説明会

国土交通省は1月7日、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」説明会の開催について発表した。2019年度補正予算案に盛り込まれた、既存住宅の長寿命化や省エネ化などの性能向上と合わせて行う子育てしやすい環境づくりも行う「長期優良住宅化リフォーム推進事業」について工務店やリフォーム事業者などに説明する。

 1月28日に福岡県福岡市の福岡県自治会館、同29日に東京都江東区のTOC有明コンベンションホール、同31日に大阪府大阪市のグランキューブ大阪で開催する。参加費は無料で事前の申し込みが必要。定員は福岡が270人、東京が560人、大阪が510人。

 補助の具体的な内容は補正予算成立後に正式決定となるが(1)インスぺクションを実施し、維持保全計画と履歴を作成(2)耐震性と劣化対策を確保(3)日常的に使用する居室等に省エネ性やバリアフリー性等のいずれかを満たす場合、の3条件を満たすと補助率3分の1、上限100万円の補助を行う予定となっている。長期優良住宅認定取得の場合は上限200万円で、若者・子育て世帯が実施する場合は50万円の上限増額や条件緩和などが行われる。

「フラット35」金利、3カ月連続で上昇

住宅金融支援機構(東京都文京区)が1月6日発表した、各金融機関の長期固定金利住宅ローン「フラット35」の1月分の金利は、主力の融資率9割以下・借入期間21年以上の場合で、年1.27%~年1.94%だった。最低金利は3カ月連続の上昇となった。

ドイツ生まれの「木の断熱材」と「木の窓」でつくる『木の家』

GERMAN HOUSE Corporation(埼玉県川口市)は、ドイツGUTEX社製の「木の断熱材」と「木の窓」でつくる『木の家』を提案する。

 再生循環する資源「木」からできた断熱材 「環境断熱ECOボード」は、モルタル直塗りシステム「ノンクラック工法」を使用し、準耐火60分、耐火60分の国土交通大臣認定のほか、CLTの耐火60分認定を取得済み。

 同製品と、野地板断熱板「ECO断ルーフ」、耐火断熱板「ECO断ウォール」、遮音断熱板「ECO断フロア」、充填用遮音断熱材「ソフテック」を組み合わせることで、断熱、遮熱、遮音、耐水、透湿などの高い性能を確保できる。

 防火認定取得済みの高性能木製窓「GERMAN WINDOW」は、熱貫流率0.75W/m・Kの「トリプルガラス」、防犯性の高い「鍵付き特殊レバー」、室内側からメンテナンスできる「内開き」、通風もしながら不法侵入を許さない「内倒し」といった特長を備える。

 資料請求はこちら

友だち追加