NEWSお知らせ

住宅ローン減税1千億円超

自民、公明両党は14日午後、2019年度与党税制改正大綱を正式に決定した。19年10月の消費税増税に伴う購入支援策として自動車税を恒久的に引き下げる。住宅ローン減税の期間を3年延ばして13年とする改正では、国と地方で1千億円超の減税となる。「ふるさと納税」で寄付した人に過度な返礼品を贈る自治体を規制し、19年6月から制度の対象外とする。

 両党は党内の了承を得るため、それぞれ会合を開催。自民党の税制調査会は14日の総会で大綱案を了承した。宮沢洋一税調会長は「住宅、車体について(消費税増税後の)反動減がないような対応が、しっかりできた」とあいさつした。

「フラット35」金利、5カ月ぶりに下降

住宅金融支援機構(東京都文京区)が12月3日発表した、各金融機関の長期固定金利住宅ローン「フラット35」の12月分の金利は、主力の融資率9割以下・借入期間21年以上の場合で、年1.41%~年2.07%だった。最低金利の1.41%は5カ月ぶりの下降となった。

スノーピーク初の住宅向け商品、外付けシェードを発売

スノーピーク(新潟県三条市)は11月30日、住宅の庭・テラスに設置する日射遮蔽アイテム「アーバンシェード」を発売する。同社が住宅での使用を想定して開発した商品はこれが初めてだという。

本体は耐候性にすぐれたアクリル製(sunbrellaファブリック)で、三角形と長方形を大小2サイズ(S/L)、各2色(ホワイト/トープ)ラインアップ。
これらを複数組み合わせて設置することが可能で、庭やテラスに自由にレイアウトして”半ソト空間”を演出できるとする。
6万8000円〜(本体、自在付きロープ、収納ケースのセット)。

友だち追加