NEWSお知らせ

内覧会開催 H29年9月9日(土)、9月10日(日)

H29年9月9日(土)、9月10日(日)AM10:00 ~ PM4:00 大仙市大曲川原町にて内覧会を開催いたします。

ガルバリュウム鋼板で包まれた屋根・外壁が堅牢でお洒落な外観です。外断熱+内断熱のダブル断熱で、床下にエアコンを設置いたしました。気流を感じない嫌みの無い冷暖房、内部塗り壁+無垢材のハーモニーをこの機会に是非ご覧ください。

内部写真

2017-08-28 17.02.00_1600

現地案内(グランドパレス川端の信号を300mくらい進むと左側に建物が見えます)
*地図を拡大してご覧ください。

4人家族が幸せに暮らすために必要な「家の広さ」は平均89.0平米、アットホーム調べ

不動産情報サービスのアットホーム(東京都大田区)は、首都圏で夫婦と子供2人の4人家族で暮らす男女628名を対象に、“4人家族が幸せに暮らすために必要な住まいの条件”調査を実施した。

 4人家族が幸せに暮らすために最低限必要だと思う「家の広さ(延床面積)」を聞いたところ、最も多かったのは「80m以上100m未満」で約3割。平均は89.0mだった。また、最低限必要だと思う「リビングの広さ」は、「10畳以上15畳未満」が最も多く、半数近くにのぼった。平均は12.2畳だった。

4人家族が幸せに暮らすために最低限必要だと思う「家の広さ(延床面積)」

4人家族が幸せに暮らすために最低限必要だと思う「家の広さ(延床面積)」

同様に、「自宅から最寄り駅までの距離」の最低限の時間(最長時間)を聞いたところ、最も多かったのは「15分以上20分未満」、次いで「10分以上15分未満」だった。平均は18.4分だった。「通勤時間(片道)」の最低限の時間(最長時間)では、平均が57.1分、最も多いのは「60分以上80分未満」だった。

最低限必要だと思う「世帯年収」は、最も多い金額帯が「800万円台」、平均が882.5万円となった。一方、現在の年収は平均829.6万円で、現状収入が足りていないと感じている人が多いことがうかがえた。

夫婦の寝室「一緒がいい」が53%、アイフルホーム調べ

LIXIL住宅研究所アイフルホームカンパニー(東京都江東区)はこのほど、全国の100名を対象に、『夫婦一緒の範囲』に関する各種調査を行った。夫婦の寝室は「共有」か「別々」かを聞いたところ、「一緒がいい」と答えた人が53%だった。その理由としては「震災など予期せぬできごとが起きたときに対応しやすい」、「体調の急変に気付きやすい」との意見が男性を中心に多く挙げられた。

夫婦の寝室は「一緒」か「別々」か?

夫婦の寝室は「一緒」か「別々」か?

「別々」と答えた人は28%、「できれば別々にしたい」と答えた人は19%だった。別々にしたい理由では、「いびき」や「ライフスタイルが違うため別々にしたいが部屋数が足りない」といったものが見られた。

結婚後に下着を夫婦別々に洗うかを聞いた質問では、98人が「一緒に洗う」と回答した。「別々に洗う」と回答した2人の理由は、「実家での習慣で分けている」と「生地をいためないように分けている」だった。

そのほか、夫婦一緒に食事をとるかを尋ねたところ、「一緒に食事をとっている」という人が68%だった。回答者には、料理から後片付けまで二人で協力している人が多く見られた。「別々に食事をとることが多いが、できるだけ一緒にとりたい」は22%、「別々に食事をとっている」は10%だった。

夫婦で協力して家事をするかを聞いた質問では、「妻が(ほとんど)家事を行っている」が最多で44%。次に多かったのは、「協力して家事をおこなっている」(42%)で、それぞれの適性を見極めて家事を分担している夫婦や、分担を決めずに気が付いた方が家事を行う家庭が見られた。

友だち追加