玄関ドア「ヴェナート」 10年ぶりのフルモデルチェンジ 断熱、デザインともに向上

Pocket

ナチュラルN05T(通風デザイン)。リースはオプション(5000円程度)で8種類を用意

 YKK AP(東京都千代田区)は1月29日、玄関ドア「ヴェナート」を10年ぶりにフルモデルチェンジした「ヴェナート D30」を4月8日から発売すると発表した。「ヴェナート」シリーズは2002年の発売以来、累計販売数170万セットを超える同社の主力玄関ドア。玄関ドア売上の95%を占める。

 新商品は、2つの断熱グレードD2、D4を揃え、U値はそれぞれ1.94W/mK、2.24W/mKと、従来比で約12%向上した。機能面では、ユーザーからの聞き取り調査で要望の高かった”通風”機能をデザイン性を損なうことなく標準仕様(通風なし)と同デザインでラインアップ。非防火・防火ともに12デザインに増加した。

 通常価格帯30~40万円に加え、高意匠デザインの高価格帯(60万円)も取りそろえた。ドア周りを彩るオリジナルリースもオプションで付けることができ、季節や好みに合わせ玄関を彩るといった生活をより豊かに楽しくするような遊び心も取り入れられている。

 「窓の性能は上がったが玄関ドアはまだまだ。窓と玄関の性能をイコールにして、玄関ドアのシェアも窓同様に高めたい」と同社。二年以内に2017年度比で約1.2倍の140億円の売り上げを目指す。