ソニーネットワーク、住宅IoTサービスに参入

Pocket

ソニーネットワークコミュニケーションズ(東京都品川区)は、住宅IoTサービス「MANOMA(マノマ)」の提供を10月23日から順次開始する。

独自開発の「AIホームゲートウェイ」、「室内コミュニケーションカメラ」、窓用の「開閉センサー」、スマートロック「Qrio Lock」などで構成。中心機器であるAIホームゲートウェイにはAMAZON Alexaを搭載しており、スマート家電の連携・制御のほか、Wi-Fiルーターとして使うことができる。

室内コミュニケーションカメラは、家族全員の外出を検知すると自動で撮影・録画を開始。窓が開くなどの異常を検知した場合には、AIホームゲートウェイが警告音を鳴らすとともにスマートフォンに知らせて「カメラを見る」「セコムに電話」などのアクションを選ぶことができる。
また、専用アプリには「帰宅・外出検知」などの”レシピ”が用意されており、たとえばリビングに入室したら自動でBGMが流れる、といった演出も可能になる。

同サービスの特徴は、家事代行、ハウスクリーニング、ペット、介護、宅食といった各種生活支援サービス事業者と連携する点。専用アプリを通じて、外出先から玄関ドアを解施錠できるため、不在時にも適切なサービスが受けられるようになるとする。
4プラン。初期手数料3500円、月額3682〜5747円。

AIホームゲートウェイにはAmazonAlexaを搭載。LETSIMを挿して簡単にインターネット環境を構築。

 

(左)AIホームゲートウェイ。135角x46.5mm
(右)室内コミュニケーションカメラ。70角x20.8mm。人感センサーを搭載しており、在宅状況や設定に応じてプライバシーレンズカバーを自動開閉する。ソニー製の高感度CMOSセンサーを採用、暗所でもクリアなカラー撮影が可能。

一方、同じソニーグループのソニー不動産は、この「MANOMA」や、高速インターネット回線「NURO光」などを採用してIoT環境を整えた物件「AIFLAT(アイフラット)」の展開をスタート。第1弾のマンション物件は東京・日暮里エリアで建設中だという。