リビング階段のメリット&デメリット。

Pocket

間取りの自由度が増すにつれて、階段のバリエーションも豊富になってきています。中でも“リビング階段”に憧れを抱く人は多いようですが、みなさんはきちんとメリット・デメリットを把握できていますか?

たとえばリビング階段のメリットには、以下のような内容が挙げられます。

■リビング階段のメリット

・部屋が明るくなる、開放的になる、広く感じる

・ビジュアルが圧倒的におしゃれ

・必然的にリビングを通るため、家族とコミュニケーションをとる機会が増える

・2階に行くのが億劫にならない

・階段にも冷暖房が効いている

「部屋が明るくなる」「おしゃれ」などのビジュアル面はさることながら、ネット上で意外に多かったのが「家族とコミュニケーションをとる機会が増える」というコメント。中には子どもの反抗期防止に備えて、あえてリビング階段を選んだという人も少なくありません。

おしゃれなうえに、プラスな影響をもたらすリビング階段。一見いいこと尽くめのようにも見えますが、どんなものにもメリット・デメリットがつきものです。ではそのデメリットとは一体……?

■リビング階段のデメリット

・部屋の冷房が効きにくい、ゆえに電気代がかさむ

・魚や肉を焼いた時に匂いが全部2階に行く

・来客がいると1階に降りるのを躊躇ってしまう

・子どもやペットが階段にのぼろうとして危ない

・音が筒抜け

特に多くの人が挙げていたのが、「エアコンが効きにくい」という意見。せっかくエアコンをつけても冷気や熱が分散されてしまうため、なかなかエアコンが効きません。しかも冬に至っては、階段から冷気が流れ込んできます。

そんな冷暖房の効き目を考慮して、最近は“扉付きリビング階段”を検討する家庭も多い模様。扉は「引き戸」や「折れ戸」などのタイプから選べるほか、既存の階段に扉だけ設置することもできます。

また「そこまでお金をかけられない!」という方には、市販のロールスクリーン・カーテンを取りつける方法もおすすめ。実際にネット上でも

「カーテンがあるとないとでは全然違う」
「リビング階段にカーテンをつけたら劇的に体感温度が変わった」

などのコメントが上がっていました。

おしゃれな家の代名詞ともいえるリビング階段。設置後にどのような影響をもたらすのか、しっかり把握したうえで検討していきたいですね。