YKK AP、高断熱仕様の新しい小屋を提案 二子玉川蔦屋家電で展示

Pocket

YKK AP(東京都千代田区)は10月29日、同社が提案する快適に生活できる小屋「HACOBASE(ハコベース)」を、二子玉川 蔦屋家電で開催される「LIVING TECH Conference 2020 暮らしとテクノロジー展」(LIVING TECH協会主催)にて公開展示した。期間は11月29日まで。

展示された「HACOBASE」外観

同製品は、高性能断熱材とトリプルガラス樹脂窓を採用した高断熱仕様。定位置に置いて使う固定タイプと、車でけん引するタイヤタイプ(トレーラー)の2種類があり、生活に必要なものを凝縮したコンパクトな「小屋」空間となっている。屋根形状や水回り、テラスデッキまで、多彩な使い方を実現するカスタムオプションセレクト方式を採用し、自由なカスタマイズが可能。

コロナ禍により働き方や価値観が大きく変化する中、テレワークなどを通して二拠点居住をしやすい環境になりつつある。同社は、エクステリア分野のサンルームから発想し、自由な二拠点生活を実現する同製品を開発。コンパクトでありながら快適な場所を提供する住空間の1つとして、都心から1.5時間圏内でリモートワークする生活や、週末別荘で趣味を楽しむ生活などを提案している。また、災害時の安心の備えとしても活用できるという。

2021年の一般発売に向け、顧客のニーズを踏まえながら新たな生活空間を実現するプロダクトとして開発を進めていくとしている。

今回、「LIVING TECH Conference 2020 暮らしとテクノロジー展」の実証実験プロジェクト第1号として展示。「暮らしとテクノロジーの融合」から新しい住まい方の選択肢を模索、提案していく。