八興と日産、EV活用したZEH・ZEH+R普及促進で連携

Pocket

住宅設備・建築資材・木材の卸売販売を行う八興(滋賀県近江八幡市)と、日産自動車(神奈川県横浜市)、滋賀日産自動車(滋賀県大津市)の3社は9月25日、「電気自動車を活用したZEH・ZEH+R普及促進に関する連携協定」を締結した。

同協定は、「走る蓄電池」として一般家庭で活用できる電気自動車(EV)の普及と、住宅のエネルギー自給自足を目指すZEH、停電時のレジリエンス機能を強化したZEH+Rの普及を促進し、環境、エネルギー問題に配慮しつつ、防災・減災の考えに基づいた、強くてしなやかなまちづくりに貢献することを目的としたもの。

また、滋賀県近江八幡市周辺で台風、地震災害等による大規模停電が発生した際には、滋賀日産自動車の一部店舗や八興の事務所・ショールームを避難所として使用し、滋賀日産自動車一部店舗の「日産リーフ」やV2H、八興が所有する「日産リーフ」と可搬型給電器を非常用電源として活用することで、災害発生時の市民の安全確保に努める。