住宅ローンボーナス返済、コロナ影響で30代の28.4%が「後悔」 MFS調べ

Pocket

オンライン住宅ローンサービス「モゲチェック」を運営するMFS(東京都千代田区)は6月26日、現在住宅ローン返済中の30代〜50代の男女592名を対象に実施した「新型コロナウイルスによる、住宅ローンボーナス返済への影響」に関するアンケート調査の結果を発表した。

「住宅ローンの返済で、ボーナス払いを選択していますか?」という問いに対し、「はい」と答えた人は37.7%だった。また、「新型コロナウイルスの影響で、この夏のボーナスが減るだろう」と予想した人の多い業種は、製造業(47.8%)、サービス業(40.4%)、飲食業(40.0%)の順だったほか、4番目に医療・介護(36.2%)が続いた。建設業は29.6%、不動産業は21.4%だった。年代別では、若い年代ほど「ボーナスが減る」と予想している人が多かった。

「今の新型コロナウイルスの状況を受けて、ボーナス支払について再考・もしくは実行したことはありますか?」との質問に対して、検討・実行した人は22.8%。対応方法としては「借入先の金融期間への相談」(11.2%)、「FPや専門家に相談」(6.7%)、「他金融機関への借り換え」(4.9%)の順だった。また、検討・実行した人の割合を世代別でみると、世代間で大きな差が見られた。50代が6.7%、40代が13.4%だったのに対し、30代では45.7%と半数近くの人が検討・実行したことが分かった。

ボーナス払いを選択したことを「後悔している」という人は全体で14.3%となり、30代では約3人に1人(28.4%)が後悔していた。ボーナス払いを選んだ理由で最も多かったのは「毎月の返済額を減らしたかったから」(60.5%)、次いで「定年までに住宅ローンを返済したかったから」(24.2%)となった。