パートナーとの円満な関係に「住まいの快適さが影響」96% Houzz Japan調べ

Pocket

家づくりとインテリアデザインのプラットフォームを提供するHouzz Japan(東京都渋谷区)は7月19日、Houzzに登録している国内ユーザーを対象に実施した「家づくりとパートナーとの関係性調査」の結果を発表した。96%がパートナーとの円満な関係に「住まいの快適さが影響している」と回答した。

現在のパートナーとの関係を「円満」と答えたのは76%。円満な関係を構築するための秘訣として、70%が「コミュニケーション」をあげ、以下「パーソナルスペース」(12%)、「スキンシップ」(9%)、「パートナーと家事の役割分担」(9%)が続いた。

パートナーと模様替えやリフォームなどの家づくりを経験したことがある人は90%だった。72%がパートナーとの家づくりを「楽しい」と答えたものの、「家づくりの過程でイライラしたことがある」人も63%いた。原因としてもっとも多かったのは「パートナーとの趣味が違った」(23%)で、2位は「パートナーに自分の理想を説明・理解してもらえなかった」(21%)だった。

「家づくりの過程でパートナーとの別れ・別居・離婚を考えた」と回答したのは9%で、実際に家づくりが原因で関係が壊れたケースもあった。

家づくりの経験者が、今後家づくりをする際に実施したいこととしてあげたのは、「リサーチをしっかり行う」(51%)、「自分のアイデアをパートナーともっと共有する」(42%)、「もっと経験者にアドバイスをもらう」(30%)などで、トラブル回避のためには、徹底したリサーチとアイデアの共有が重要だとわかる結果となった。

家づくりでパートナーとの仲が深まったと回答したのは81%で、「家づくりが完了してから、家に帰るのが楽しみになった」と答えたのは93%にのぼった。パートナーの隠れた才能やセンスに気がついたなど、家づくりを通してパートナーの良さを再発見した回答者もいた。

有効回答数は1451人。22日の「夫婦の日」に合わせて調査したもの。